信頼できる会社へ不動産売却の相談をしよう|好条件で売る方法

不動産に短期投資

マンション

出資金に応じた分配金

アパート経営などで不動産投資をするとき、不動産を購入し、それらの管理をして収入を得ます。一人で行う場合、それほど多くの物件に投資できるわけではありません。1件しか物件を持っていなければ、そちらで損が出ればこの投資はうまくいかなくなります。みんなで大家さんは、複数の物件に投資をしている案件に投資家が出資をします。みんなで大家さんでは、出資金に応じた分配金を受けることが出来るので、投資をすればその分多くの分配金を受けることが出来ます。過去の運営実績で見ると、予定利回りを下回る分配が行われたことがないくらい安定した運営がされています。不動産投資はしたいがあまりお金がない、リスクを減らしたい人にいい商品になります。

短期投資と長期投資

投資を行うとき、どれくらいの期間運用するかを決めます。定期預金なら、預入期間を決めることが出来るので、短期なら1年定期などを選べます。長期なら10年定期などを選ぶでしょう。一般的な不動産投資といえば、長期的に行うことが多くなります。住宅ローンを返済しないといけない場合があり、返済だけで何十年もかかる場合があります。みんなで大家さんも不動産投資の一つですが、それほど長い期間持ち続けるわけではありません。投資家は、各商品に出資をする形で参加をしますが、満期は3年ほどに設定されています。短期とは言えないかもしれませんが、何十年もかけて行う投資ではありません。みんなで大家さんは満期後に新たな商品に投資をすれば長期的な運用も可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加