信頼できる会社へ不動産売却の相談をしよう|好条件で売る方法

保証人なし利用者が増える

メンズ

入居率を向上できる

不動産投資をするとき、できるだけ有効に活用していく必要があります。マンションやアパートであれば、常に人に借りてもらう状況であればどんどん賃料が入ってきます。使ってもらった方が稼ぐことが出来ます。使ってもらわないと、どんどん劣化が進んで価値が減ってしまいます。家賃債務保証サービスは、入居者が保証人を立てられないとき、代わりに保証をするサービスです。貸す側としてはリスクを軽減するために保証人は必要です。でもいないからと優良な借主に貸さないこともありました。家賃債務保証を利用することで、保証人がいない人でもリスクなく貸すことが出来ます。貸せる人の対象を増やすことが出来るので、入居率の向上を期待することが出来ます。

支払い交渉を誰がするか

マンション経営をすると、入居者から賃料を受けます。基本的には貸主が借主に請求をして払ってもらいます。通所は振込をしてもらったり、自宅に集金に行ったりします。無事入金などがされれば問題ありませんが、入金がない場合は困ります。家賃債務保証サービスを利用するとき、サービスによっては賃料の支払いをサービス会社が仲介することがあります。一旦仲介会社に入金され、その後に貸主に入る仕組みです。家賃債務保証を利用しているときに、賃料が入っていないと直接交渉ができない場合があります。賃料に関する手続きはすべてサービスを提供する仲介会社に任せないといけない場合があります。独自に交渉してしまうと、支払い関係に問題が生じる場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加